大学院生募集
メールによるお問い合わせはこちら

Research 研究活動

プロジェクト

サンプルイメージ

地域・福祉口腔機能管理学分野では,地域包括ケアシステムの中で,口と全身の健康・食の楽しみに寄与する研究を行っています。

  1. 地域在住高齢者へのオーラルフレイル予防プログラムの開発
  2. 要介護高齢者の食事モニタリングシステムの開発
  3. 自立高齢者を増やすための革新的食品提供システムの開発
  4. 脳卒中回復期における口腔機能管理システムの構築
  5. がん周術期患者の術後早期口腔機能回復プログラムの開発
  6. 口腔アセスメントOHAT-Jを利用したオーラルマネジメント

1.地域在住高齢者へのオーラルフレイル予防プログラムの開発

おいしくかむかむごっくん

オーラルフレイルとは、加齢に伴い、口の健康が徐々に低下する状態を指します。口の機能が低下すると、噛む力が弱くなり,軟らかい食べ物ばかり食べるようになります。軟らかいものばかり食べると栄養が偏り、噛む機能の低下に繋がるという、負のスパイライルに陥ります。

フレイル(「虚弱」の意味)とは、加齢とともに身体や心が徐々に弱り、健康障害を起こしやすくなり、要介護状態に近づいていく途中の状態を指します。フレイルは健康な状態から要介護に進む中間の時期とされています。そのため、早期にフレイルに気づき、適切な運動や栄養に気を付け積極的に社会参加することで、健康な状態に戻ることができます(いわゆる可逆性のある時期です)。

私たちは,オーラルフレイル予防やその先にあるフレイル予防を目的とした『カムカム健康プログラム』を開発しました。
「カムカム」とは、栄養のある食事をしっかり「噛んで」食べ、口の健康(意識)を保つことです。いつまでも健康を保つために、歯ごたえや食感を楽しみながらおいしい食事を心がけることを目的としています。 「カムカム健康プログラム」とは、「カムカム」によるオーラルフレイル予防を中心に運動・社会参加を含めた複合プログラムになっています。「口の健康+栄養・噛む噛む+運動+社会参加」による新しい健康プログラムです。

カムカム健康プログラムについて
詳しくはこちらへ

これから全国の自治体での社会実装を行っていく予定です。
私たちの取り組みにご興味ある方、自治体、研究者の方は、こちらまでご連絡ください。

メールはこちら

2.要介護高齢者の食事モニタリングシステムの開発

準備中

3.自立高齢者を増やすための革新的食品提供システムの開発

摂食嚥下障害を有する要介護高齢者にとって、誤嚥性肺炎や窒息は重大な合併症であるために、食事場面の観察が必要と言われています。そのため、多職種によるミールラウンド(食事場面の観察)が実施されるようになってきました。
しかし、ポストコロナ時代では、要介護高齢者の食事場面で活用できる食事自動モニタリングができれば,誤嚥や窒息などのイベントの早期発見や予防につながります。われわれは,自動的に食事をモニタリングできるシステムを開発しています。

また、摂食嚥下障害者に食事をおいしく楽しく食べてもらえるような革新的食品提供システムを開発しています。

JST-SICORP(JPMJSC1813)

4.脳卒中回復期における口腔機能管理システムの構築

 

脳血管障害に対する急性期医療では、在院日数の関係から歯科介入効果を評価するのは困難であることが多いが、回復期リハ病棟では在院日数が長いため、比較的介入効果を評価しやすいと考えます。しかし、多くの回復期リハ病棟には、歯科が併設されておらず、脳卒中回復期患者の口腔機能の状態や、歯科の役割や効果についてまだ明らかになっていません。

そこで、われわれは、脳卒中回復期において、歯科医療者による適切な口腔機能管理によって口腔問題と口腔機能が有意に改善するか評価することを目的に研究を行っています。
脳卒中回復期における歯科医療者による口腔機能管理の有用性を明らかにし、急性期から回復期を経て維持期まで続くシームレスな口腔機能管理システムの構築につなげたいと考えます。

科研費 基盤(B)21H0315

研究成果

片山南海,松尾浩一郎,岡本美英子,関本愉:回復期リハビリテーション病棟へ入棟した患者の口腔機能低下症罹患率. 老年歯科医学. 35:158-165. .2020. DOI:10.11259/jsg.35.158
Matsuo K, Sekimoto Y, Okamoto M, Shibata S, Otaka Y: Oral function and food intake status in subacute stroke patients admitting to a convalescent rehabilitation unit. Gerodontology. 2021. doi.org/10.1111/ger.12586

5.がん周術期患者の術後早期口腔機能回復プログラムの開発

 

高齢者における口腔の機能低下が、栄養障害やフレイル、サルコペニア(筋力低下)の一因となることが近年明らかになっています。
われわれは周術期における口腔機能の変化に注目して研究を行っています。
途中経過ではありますが、われわれの研究結果から、口腔機能が低下している入院高齢患者では、低栄養リスクが高まっていることが示唆されました。これらの結果より、現在は周術期における口腔機能回復プログラムの開発を行っています。

科研費 基盤(C)18K09671

研究成果

関本愉,松尾浩一郎,片山南海,岡本美英子:胃がん周術期患者における術前の口腔機能低下症罹患率. 老年歯科医学. 35:118-126. 2020. DOI:10.11259/jsg.35.118

6.口腔アセスメントOHAT-Jを利用したオーラルマネジメント

 

私たちは、口腔アセスメントツールOHATを活用した多職種連携オーラルマネジメントシステムの開発を行っています。

OHATについて詳しくはこちらへ

論文

過去5年分の研究業績

・Matsuo K, Kito N, Ogawa K, Izumi A, Kishima M, Itoda M, Masuda Y: Improvement of oral hypofunction by a comprehensive oral and physical exercise programme including textured lunch gatherings. Journal of oral rehabilitation. 2021.04; 48 (4): 411-421. ( PubMed , DOI )

・Hidaka R, Furuya J, Nishiyama A, Suzuki H, Aoyagi M, Matsubara C, Yoshizumi Y, Yoshimi K, Nakane A, Tohara H, Sato Y, Minakuchi S: Structural Equation Modeling of Tongue Function and Tongue Hygiene in Acute Stroke Patients. International journal of environmental research and public health. 2021.04; 18 (9): ( PubMed , DOI )

・Horibe Yasuhiro, Matsuo Koichiro, Ikebe Kazunori, Minakuchi Shunsuke, Sato Yuji, Sakurai Kaoru, Ueda Takayuki: Relationship between two pressure-sensitive films for testing reduced occlusal force in diagnostic criteria for oral hypofunction GERODONTOLOGY. 2021.02; ( DOI )

・Vergara J, Skoretz SA, Brodsky MB, Miles A, Langmore SE, Wallace S, Seedat J, Starmer HM, Bolton L, Clavé P, Freitas SV, Bogaardt H, Matsuo K, de Souza CM, Mourão LF: Assessment, Diagnosis, and Treatment of Dysphagia in Patients Infected With SARS-CoV-2: A Review of the Literature and International Guidelines. American journal of speech-language pathology. 2020.11; 29 (4): 2242-2253. ( PubMed , DOI )

・M Shirobe, R Hidaka, H Hirano, Y Ohara, K Endo, Y Watanabe, C Hakuta.: The effectiveness of a desensitization technique for mitigating oral and facial tactile hypersensitivity in institutionalized older persons: A randomized controlled trial Journal of Dental Sciences. 2020.11;

・Furuya J, Beniya A, Suzuki H, Hidaka R, Matsubara C, Obana M, Yoshimi K, Yamaguchi K, Hara K, Nakagawa K, Nakane A, Tohara H, Minakuchi S: Factors associated with the number of microorganisms on the tongue surface in patients following acute stroke. J Oral Rehabil. 2020.11; 47 (11): 1403-1410. ( PubMed , DOI )

・Furuya J, Suzuki H, Tamada Y, Onodera S, Nomura T, Hidaka R, Minakuchi S, Kondo H: Food intake and oral health status of inpatients with dysphagia in acute care settings. J Oral Rehabil. 2020.06; 47 (6): 736-742. ( PubMed , DOI )

・Matsuo K, Fujishima I: Textural Changes by Mastication and Proper Food Texture for Patients with Oropharyngeal Dysphagia. Nutrients. 2020.05; 12 (6): ( PubMed , DOI )

・Hidaka R, Furuya J, Suzuki H, Matsubara C, Obana M, Tokunaga J, Endo K: Survey on the oral health status of community-dwelling older people with visual impairment. Spec Care Dentist. 2020.03; 40 (2): 192-197. ( PubMed , DOI )

・Matsuo K, Kito N, Ogawa K, Izumi A, Kishima M, Masuda Y: Effects of textured foods on masticatory muscle activity in older adults with oral hypofunction. Journal of oral rehabilitation. 2020.02; 47 (2): 180-186. ( PubMed , DOI )

・Suzuki H, Matsuo K, Okamoto M, Nakata H, Sakamoto H, Fujita M: Perioperative changes in oral bacteria number in patients undergoing cardiac valve surgery. Journal of oral science. 2019.11; 61 (4): 526-528. ( PubMed , DOI )

・Suzuki H, Matsuo K, Okamoto M, Nakata H, Sakamoto H, Fujita M: Preoperative periodontal treatment and its effects on postoperative infection in cardiac valve surgery. Clinical and experimental dental research. 2019.10; 5 (5): 485-490. ( PubMed , DOI )

・中山玲奈、古屋純一: 高齢者の口腔機能管理を地域でつなげる 日本歯科評論. 2019.08; 79 16-17.

・Kito N., Matsuo Koichiro, Ogawa K., Izumi A., Kishima M., Itoda M., Masuda Y.: positive effects of "textured lunches" gatherings and oral exercises combined with physical exercises on oral and physical function in older individuals: a cluster randomized controlled trial journal of nutrition health & aging. 2019.07; 23 (7): 669-676. ( DOI )

・Haruka Nakata, Koichiro Matsuo, Hitomi Suzuki, Akihiro Yoshihara: Perioperative changes in knowledge and attitude toward oral health by oral health education. Oral Dis. 2019.05; 25 (4): 1214-1220. ( PubMed , DOI )

・中山玲奈、古屋純一: 要介護高齢者の口腔ケア 福祉介護テクノプラス. 2019.04; 4 1-4.

・Taniguchi H, Matsuo K, Nakagawa K, Furuya J, Kanazawa M, Minakuchi S: Decline in tongue pressure during perioperative period in cancer patients without oral feeding. Clinical nutrition ESPEN. 2019.02; 29 183-188. ( PubMed , DOI )

・Muramatsu K, Matsuo K, Kawai Y, Yamamoto T, Hara Y, Shimomura Y, Yamashita C, Nishida O: Comparison of wiping and rinsing techniques after oral care procedures in critically ill patients during endotracheal intubation and after extubation: A prospective cross-over trial. Japan journal of nursing science : JJNS. 2019.01; 16 (1): 80-87. ( PubMed , DOI )

・Kanamori D, Fujii N, Inamoto Y, Aihara K, Kobayashi M, Aoyagi Y, Matsuo K, Kagaya H, Toyama H, Sonoda S, Saitoh E: Double-contrast tongue surface imaging technique in swallowing computed tomography Radiol Diagn Imaging. 2019; 3 1-4.

・古屋純一、中山玲奈: 地域で高齢者の食を支援する口腔機能管理 東京都歯科医師会雑誌. 2018.07; 66 309-316.

・中山玲奈、西山暁、白田千代子、嶋田昌彦: 歯科衛生士の自立高齢者に対する複合的介護予防プログラムの効果 口腔病学会雑誌. 2018.07; 85 (2): 43-51.

・Shunsuke Minakuchi, Kazuhiro Tsuga, Kazunori Ikebe, Takayuki Ueda, Fumiyo Tamura, Kan Nagao, Junichi Furuya, Koichiro Matsuo, Ken Yamamoto, Manabu Kanazawa, Yutaka Watanabe, Hirohiko Hirano, Takeshi Kikutani, Kaoru Sakurai: Oral hypofunction in the older population: Position paper of the Japanese Society of Gerodontology in 2016. Gerodontology. 2018.06; 35 (4): 317-324. ( PubMed , DOI )

・Rena Nakayama, Akira Nishiyama, Masahiko Shimada: Bruxism-Related Signs and Periodontal Disease: A Preliminary Study The Open Dentistry Journal. 2018.05; 12 400-405. ( DOI )

・H. Taniguchi, Y. Aoyagi, K. Matsuo, K. Nakagawa, E. Saitoh: Development of an oesophageal stimulation method to elicit swallowing reflex in humans Journal of Oral Rehabilitation. 2018.03; 45 (3): 211-215. ( PubMed , DOI )

・Nakayama R., Nishiyama A., Matsuda C., Nakayama Y., Hakuta C., Shimada M.: Oral health status of hospitalized amyotrophic lateral sclerosis patients Acta Odontologica Scandinavica. 2017.12; 76 open access. ( DOI )

・Tsuyoshi Yamada, Koichiro Matsuo, Masayuki Izawa, Shizuru Yamada, Yuji Masuda, Tadashi Ogasawara: Effects of age and viscosity on food transport and breathing-swallowing coordination during eating of two-phase food in nursing home residents GERIATRICS & GERONTOLOGY INTERNATIONAL. 2017.11; 17 (11): 2171-2177. ( PubMed , DOI )

・Rena Nakayama, Akira Nishiyama and Masahiko Shimada: Creating a Quality of Life Index for Patients with Temporomandibular Disorders Int J Dent Oral Health . 2017.09; 3 (5): ( DOI )

・白部麻樹,中山玲奈,平野浩彦,小原由紀,遠藤圭子,渡邊裕,白田千代子: 顔面および口腔内の過敏症状を有する要介護高齢者の口腔機能および栄養状態に関する実態調査 日本公衆衛生雑誌. 2017.07; 64 (7): 351-358. ( PubMed , DOI )

・Kazuharu Nakagawa, Koichiro Matsuo, Daisuke Takagi, Yu Morita, Takafumi Ooka, Shouji Hironaka, Yoshiharu Mukai: Effects of gum chewing exercises on saliva secretion and occlusal force in community-dwelling elderly individuals: A pilot study GERIATRICS & GERONTOLOGY INTERNATIONAL. 2017.01; 17 (1): 48-53. ( PubMed , DOI )

・Koichiro Matsuo, Jeffrey B. Palmer: Video fluoroscopic techniques for the study of oral food processing CURRENT OPINION IN FOOD SCIENCE. 2016.06; 9 1-10. ( PubMed , DOI )

講演・発表

国際学会

国際学会イメージ

準備中

Contact お問い合わせ

メールにて
お気軽にご連絡ください。

メールはこちら